MENU

COLUMN NUMBER 170 【迷っている人必見!】内定者から聞いた業界選びの方法5選

皆さん、就活中の企業探し、どうやっていますか?
何となく商社に興味がある…
何となくコンサルがやってみたい…
などあると思いますが、実際そこから他の業界を見てみようと思った時
どこから見ていいのか分からない、と感じたことはありませんか?
そんな皆様に向けて、【コンサル・建設・メガベンチャー・広告・金融】
5業界の内定者の方から
「就活当時、内定先業界以外ではどの業界を見ていたのか」を聞いて
それぞれのポイントをまとめました!参考にしてみてください!

コンサル内定者

【内定先業界以外に見ていた業界】
銀行・保険・インフラ・出版
【就活の軸】
・日本のためになる仕事が出来ること
・お客さんのためにならないと感じた時にNOが言える仕事であること
・広く浅くではなく深く狭く1つのことを極めたプロフェッショナルになれること


コンサル業界の内定を承諾したこの学生は、これらの軸を持って他の業界を見ていたそうです。
今回話を聞いた中では最多業界を受けていましたが、どの業界もこれらの軸は満たしていると感じていたそうです。
最終的にコンサルになった決め手は
【一番お客様のことを考えて提案出来る職場だったから】でした。

複数の軸から当てはまる業界を受けてみる

        

関連記事

キャリアスタートの視点から考える

    

建設内定者

【内定先業界以外に見ていた業界】
商社・インフラ
【就活の軸】
・人々の生活の基盤を作りたい
・誰かのためになる仕事がしたい


建設業界への就職を決めたこの学生は、人々の生活の基盤を作るという軸がとても強かったそうで、インフラ業界と最後まで悩んだと話してくれました。
最終的に企業を決めた決め手は
【会った社員の方達が一番自分に合っていると思ったから】だったそう。
やりたいことももちろん重要ですが、社風が合っているかどうかもとても大切なことだと思います。
何せ週5日も通って一緒に過ごす人達なんです。
そう考えたら重要な気がしませんか?

やりたい仕事の軸と社風から探してみる

        

関連記事

建設業界と広告業界。意外と似てる?

    

メガベンチャー内定者

【内定先業界以外に見ていた業界】
エンタメ系
【就活の軸】
・世の中的に新しいことが出来る
・社員にワクワク出来る
・社会に与えるインパクトが大きい


この学生は、メガベンチャー/ベンチャーに注力して就活をしていたそうですが、3年の夏から冬頃まではエンタメ系の業界も視野に入れていたそう。
仕事自体にはワクワクしていたと語ってくれましたが
インターンなどを通して
【裁量権を持って新しいことにチャレンジ出来る】ことに
最大の魅力を感じてメガベンチャーへの就職を決めたとのことでした。

自分の直感を信じて仕事内容から探る

        

関連記事

メガベンチャーという企業規模へのこだわり

    

広告内定者

【内定先業界以外に見ていた業界】
人材
【就活の軸】
・無形商材を扱うことで自分の人間力を試す
・知識や人脈を広げるために様々な人と会える


広告や人材系に就職する魅力として一つ挙げられるのは「様々な業界の人と会えること」があると思います。
知識や人脈を広げることで得られるものはとても大きいです。
そんな中でも最終的に広告に落ち着いた理由は
【人の目に触れるアウトプットがある方が面白い】
と感じたからだそうです。
一つ一つの案件のために状況によって仕事をカスタマイズすることは、難しいながらも面白いのは間違いありません。

自分がスキルアップ出来る環境から考える

        

関連記事

自分の仕事が与えられる影響力の大きさから選ぶ

    

金融内定者

【内定先業界以外に見ていた業界】
公務員
【就活の軸】
人々の生活を支える
・安定している
・親が安心できる仕事


最後の内定者は、金融業界。この学生が迷っていたのは、公務員か一般企業かというところ。
就活ギリギリまで公務員の勉強もしていたと語ってくれましたが、親の勧める公務員ではなく一般企業を選択したこの学生。
決め手は、将来ハッキリとやりたいことが見えた時のために
【お金周りの知識を手に入れること】が重要だと考えたそうです。
将来のキャリアのために、スキルを高めることを選択するのも一つの手段だと思います。

将来のキャリア選択のために身に着けたいスキルから考える

        

関連記事

実際に経験してから仕事を選ぶ

いかがでしたでしょうか。
今回は、5業界の内定者からお話を聞いてみました。
明確にやりたいことが見えなくても、実際行きたい企業の内定者が就活当時見ていた他の業界を参考にするのも、一つの企業探しの手段だと思います。
逆に、「こんなことがやりたい!」があるなら、それに近い仕事をしている他の業界も探してたり…。
これを参考に、興味が出た業界の短期インターンなどに参加するのも学びになると思います。
皆さんの企業探しの参考になれば嬉しいです!

人気のタグ