MENU

COLUMN NUMBER 166 東京外大to鉄道『夢への特急列車を走らせよう 後編』

東京外国語大学to鉄道『夢への特急列車を走らせよう 後編』


前回に続き、今回も東京外語大の内田さん。
みなさん今就活はしていますか?
3月までに何をしたら良いか分からない。
面接で何を話せば良いか分からない。
そう考えている人は多いと思います。

ぜひ、この動画を見て自分の就活の対策を立ててみましょう。



―3月までにやっておいた方が良いことは?

イベントとか説明会とかに行こうかなと思った瞬間に絶対に行ったほうが良いというのは凄く思っていてそこで行ったことによって何か発見があるかも知れないし自分の中で1つの基準が作れたりするかもしれないので、多分行こうかなで放っておくとめんどくさくて行かなくなると思うんですけど。
一瞬でも面白そうだなと思ったらとりあえずめんどくさくても行けば絶対楽しいし得るものはあるかもしれないので行くようにしろという風には去年の自分への一言とも取れるアドバイスですけれども僭越ながらそういう風にさせてもらおうかなと思います。


―面接で話したこと

僕は企画の運営であるとかを実行委員会でやっていたので、そこで自分が何をしていたのかとかどういう思いでどうしていたかというのを僕は中心的に話したりしていました。
留学というのも話していたけれどもメインとしては実行委員会の話でしたね。自分は会社さんが持っているサービスとかモノにプライドを持ちたいという話をしていて、僕は学園祭が大好きでそれに実行委員としてプライドを持っていたのでだからこそ企画をちょっといじったり去年通りやれば別に楽なのに少し何か工夫したりとか日の当たらない会計という仕事でもそれが自分のプライドを持っている学園祭のためになるんだったら僕は全然良くて、自分が目立たなくても良い、そういったタイプです。
というのを就活でも重ねていて御社の商品とかサービスというのはプライドを持てるものであって無くてはならないものですと、だったら僕は御社に入ってもし希望通りの部署で無くても日の一番当たらない所だとしてもその為だったら頑張れます。だって実行委員の時そうでしたからという風にして話をしていると面接官の方とかはよく聞いてくれていたのかなという「あー確かにそうなんだ」というところかなと思います。


―面接で注意すべきこと

相手が何を知りたいのかなというのを何を聞いているのかなという言葉では「サークルはなんですか?」とか「何かやったことはありますか?」と聞いていても本当にそれが知りたいだけではなくて「僕優勝しました」というのではないかなと思っていてそうではなくて、どういう思いを持ってこういうことをしていましたとか、その自分というのがどう見えるかと言ったことによってというのはかなり気をつけて言葉を選んだり相手に響くような喋り方はしていたかなと思います。


―応援メッセージお願いします

特に面接においては自分が楽しみながらやるというのは重要だと思っていてその面接官の方との会話とか自分のやってきたことのアピールとかを楽しみながら話す「こう上手く言えたぞ」であるとか、こういう風に食いついて来たというのを笑顔でやれば結果というのがついてくるのかなと今更ながらに思っています。頑張って下さい。

人気のタグ